FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魂について

ふと思ったの考えてみました


魂の存在意義について
魂という言葉がある それは目に見えず現代でも実際に存在するかしないのか確定できていない物

仮に魂のというものが存在すると仮定する

いわば減らない燃料とでも考えましょうか

私は魂というものは身体という器に埋め込まれることで生物という存在の条件を満たすのだと思うのです
それは人だけではなく動物や日本古来からあった付喪神にも当てはめられる

しかし魂というものは魂だけでは成長し得ないと考えました

人というものは子供から大人になり日々成長し学んで育っていく
その体に魂は癒着し魂も成長すると考える

先ほど付喪神も例に挙げたが物または道具というものは使い手によって頻度が変わる
頻度=愛着ではないが使用頻度は物にとって愛情でありその頻度は愛情とさして変わらないのだろうかと思う

そしてそれは人に欠かせないものでありそれが物にも与えられるということはその物や道具にも魂が宿ると昔の人は考えたのだろう

少し話がそれますが うちの爺ちゃんはボケてもう家族のの事はろくに覚えていません 
まだ亡くなってませんが爺ちゃんの言動や行動を思い出すと爺ちゃんは愛情を感じてるのかと思いました
そこでふと考えました 体が壊れたらもう修復はできない魂は体によって影響があるのではないかと
あるいはそこに魂はもうないのではないか

壊れた器には魂ですら制御できない
それは先天的にも後天的にも同様
魂とは 生きているとはなんなのか

先日 他の雑記に人生とはについて考えたのですがまた敢えて復唱させていただきます
人生というものは常に人としての生き方を渇望しているのだと私は思いました
それが人が人である生きる意味なのだと感じました 
壊れてしまったら今までの爺ちゃん自身の経験や思い出は夢幻となります
ですがその前にちゃんと爺ちゃんは色々な経験をしそれを次代に受け継いだという事で人間として人生を全うしました 


魂とは何かと考えましたが

つまり魂自体は常に未成熟でありその人物の経験によって個体差が出るものだと私は考えます
輪廻転生があれば別ですが体が死ねば魂の成長は再びリセットされるということです

結論 何が言いたかったかというと魂自体は成長しないのではないでしょうか
だから存在を確定させ証明する為に器になる体を作ったのではないかと思ったのです

作ったというのは語弊があるかもしれません 自然に出来たと言っていいのかも怪しいと思います

未来の話になりますがもし機械の体もしくはスペアの体を人間が作り記憶や心があれば以前の状態に戻れる希望はありますね
それがバックアップのデータだとしても しかしそれは本当に魂を持った自分なのでしょうか 
それこそ魂というものに一石を投じるものになるでしょう

神がもしいるのなら私の妄想では神は常に観察している研究者のような存在なのかもしれません

こんな妄想よりもっと楽しく充実した人生を送り幸せに包まれたほうが魂としてではなく人として大事なことだと思います
皆様は良い人生をお送り下さい

長文駄文失礼しました

スポンサーサイト

人生とは


先日ある公害による病気の特集を見た
公害による死はもちろんの事でそれでも生き残った人達は後遺症に苦しめられ会社には多額の慰謝料をもらった

御殿と呼ばれる家を建て欲しいものも手に入れた しかし家族はもう戻ってこない

綺麗だった御殿も数十年経ち寂れ被害者は老いていた

人生を狂わされた人のまさに夢の跡だった

別の御方は一日中回り続けていた まるで壊れた人形のように

人生を奪われたと思うと ただただ恐ろしかったです 

人生というものは常に人としての生き方を渇望しているのだと私は思いました

家族

どうしても誰かに見て欲しかったので勝手ながら書かせていただきます。


私事ながら昨日、飼っていた大切な愛犬、クレア(♂)が亡くなりました。

昨日、突然容態が急変しそのまま逝ってしまいました。

腎不全でした。

2週間ずっと嘔吐して毎日病院に行ってよく頑張ったね。
ご飯も食べず、苦しかったろうに、本当に、ごめんね。
なにかおいしいものを食べさせてやりたかったです。

亡くなって、冷たくならないうちに家族に合わせてやりました。
うんちが漏れていましたが何も食べていなかったものですから少ししか出ていませんでした。
心に、口では言いづらいモヤモヤが未だにあります。

治ったら歯を治しに行こうねとか、予防注射打とうねとか言っていたのに叶いませんでした。

作り話に聞こえるかもしれませんが今日、クレアの夢を見たんです。
その夢では昨日の様態が嘘のように、うちの親父と一緒にそばにいました。
とても楽しそうでした。
夢から覚めた時、いい様のない悲しさが湧き出てきました。
反射的に、現実から目を背きたかったのでしょう。
親父は一晩中クレアのそばにいました。親父の方が相当辛かったでしょう。

そして今日、葬儀場に行きました。
亡くなってたった2日間の出来事でした。

別れ際の最期の時に、心の底からありがとうという気持ちがこみ上げていました。

あの匂い、抱いた感触、触った感触、忘れないようにしたい。
今までの楽しかった思い出が走馬灯のようにこみ上げてきま
した。

本当に、本当に家族に愛され、私自身も愛していた大切な家族でした。
クレアに出会えて、本当に感謝しかありません。
何時までも忘れないよ。

本当にお疲れ様でした。今までありがとう。君に出会えて本当によかった。
君は私たち家族の最高の宝物です。

最後まで見ていただきありがとうございました。

Gのレコンギスタ、ビルドファイターズトライ感想

自分が見た感想。

Gレコはなんかよくわからない面白さがある。展開が気になって続きが見たくなる、幅広い範囲でみれると感じました。

BFTは今後熱い展開が続くんじゃないか、どんな機体が出てくるかワクワクする、ガンダムを少しでも知ってたらならより楽しめるんじゃないかと思います。

個人的にこんな感じです。
正直どちらともガンダム知らない人ほどオススメしたい!
トライの方は前作があるので敬遠されそうですが今のところトライ単体でも十分楽しめると思います。

それでは、よしなに。

薔薇のマリア 完結!

中、高校生時代に読んでてたからすごく思い入れのある作品でした

RPGのような作風がいい感じに中坊の厨二心に響いてワクワクしながら読んでいました

あとマリアローズの弱いけど知恵を振り絞って戦うところとかも良かった

あと可愛い(重要)
男の子だけどね!

ドラマCDとか買ったなぁ(遠い目)

正直言ってまだ10巻くらいまでしか読んでないので、最もらしいことは書けませんが
とても面白い作品だと思っています。

何より完結、そして10年間、お疲れ様でした!

さぁまだ読んでない分をこれから探して、買って、読むぞ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。